アフリカサッカーの特徴

アフリカサッカー連盟




ケニアのサッカーに関わっていますと、
アフリカ独特の特徴が見えてきたりもします。

ここでは、
そんなアフリカサッカーの特徴を挙げてみたいと思います。

 

アフリカは広い!

これを言ったら元も子もないですが、
アフリカは、とにかく広く、サッカーのスタイルも様々です。

ちなみに、
アフリカサッカー連盟には56協会も登録されています。

ここでは、
アフリカサッカーの大まかな特徴をとらえていきます。

 

ズバ抜けた身体能力

アフリカのサッカーアフリカサッカーの特徴

「アフリカ人は身体能力がヤバイ!」

というイメージがあるかもしれませんが、

まさにその通り。

ただでさえ恵まれた身体、
そこに秘められたパワー、瞬発力、持久力など、優れた運動能力が特徴です。

なんといいますか、
一言で表すと、

 

野性味が溢れる!

 

爆発力がある!

 

そんな感じです。

 

誰にも止められない

彼らが勢いに乗ったとき、
これはもう、誰にも止められない力を発揮します。

もう、
どこまでも走り、どこまでもボールを追いかけます。

試合においては、
どうやって勢いに乗せるか、

反対にアフリカ勢を相手に戦うときには、
どのようにして勢いに乗らせないかがひとつのカギになるでしょう。

 

理論よりもフィーリング

これもアフリカサッカーの特徴といえるでしょう。

あらゆるロジックを組み立てたり、
個々が自分の役割を徹底してこなしていくというよりは、

 

勢いでいく!

 

何とかなる!

 

そんな雰囲気を感じるところもあります。

そこには、
アフリカでの「教育」の在り方なども深く関わっている気もします…。

 

 

世界から期待されたアフリカ勢

ズバ抜けた身体能力を持ち、
そこに技術的・戦術的な能力が身につけば、これは理論的には最強のサッカーを展開することが出来るはずです。

そうして世界から期待されてきたアフリカ勢でしたが、
実際には、なかなか期待に応えられていないというのが正直なところでしょう。

その原因はどこにあるのでしょうか。

 

課題はたくさん

アフリカサッカーの課題はたくさんあります。

サッカーにおいては、
身体能力に秀でている一方で、
技術や戦術面に問題があり、
組織的サッカーを苦手とするチームが多いといえます。

また、メンタルにも課題を抱え、
ゲームマネージメントにも問題アリといえます。

 

マネージメントが出来ない

マネージメントPixabay

ゲームをマネージメントすることは、非常に大事です。

試合全体を見渡して、
体力と集中力を維持したり、
重要な局面を見極めたり、
苦しい状況でメンタルをコントロールすることなど、

そうした状況判断に欠ける部分があるのは否めず、
試合をマネージメントすることが出来るレベルに達しなければ、
国際舞台での躍進は厳しいかもしれません。

 

伸びしろですね

伸びしろですねぇ!

それでもやはり、
生まれ持った才能とポテンシャルは高く、
課題を克服することによって素晴らしいサッカーを見せてくれる可能性があります。

今でも、
組織的サッカーを展開できるチームはありますが、
アフリカ全体を見渡すと多くはありません。

しかしアフリカ勢の躍進は、
アフリカが抱える根本的な問題と向き合う必要があり、
若い世代から育てなければならず、
時間がかかるのは間違いないでしょう。

 

原因は外にもある

アフリカサッカーの伸び悩みの原因は、
サッカー以外のところにもあると言わざると得ません。

ちょうどケニアのサッカーが、
山積みされたスポーツ以外の課題をすごく象徴していますので、
次回はそのあたりにも触れたいと思います。

スポンサーリンク








アフリカサッカー連盟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。